コンタクト派 メガネ派

コンタクト派 vs メガネ派

コンタクト

コンタクトレンズには、ハード、ソフト、使い捨て、があります。最近では、便利な使い捨てコンタクトレンズの利用者が多いのが現状です。ハードやソフトの場合は、お手入れが大変ですし、その手入れをしっかりとやらないと衛生面で問題が生じます。実際に、この毎日の手入れをきちんとしないがための目のトラブルというのが多発しています。

 

したがいまして、人気、そしてお勧めとしても使い捨てコンタクトとなります。ただし、2週間使い捨て(2週間交換)タイプの場合は、毎日の消毒のお手入れが必要になってきます。ただ、ソフトやハードと違うところは、何かあった場合、2週間以上は使用しないので、危険が一定期間で回避できるというところでしょう。

 

その点、1日使い捨てレンズは非常に優れています。毎日使い捨てで交換して使用していきますので、非常に衛生的です。瞳の安全を考えれば1日使い捨てタイプのコンタクトが一番安心して使用出来るといっていいです。

 

使い捨てコンタクトは通常の近視の方はもちろん、乱視が混じった人用の乱視用コンタクトもありますし、老眼気味の方のための遠近両用もあります。また、若い人を中心に人気のカラーコンタクト(通称カラコン)は、度あり、度なしのタイプもありますので、視力が悪くない方も、お洒落として使用することも出来ます。

メガネ

コンタクトが登場する前は。メガネという選択肢しかありませんでした。メガネをかけるとかたい印象になりますし、よほど素敵なデザインのフレームを選ばない限り、お洒落な風貌にはなれませんでした。

 

でも、メガネフレームも進化を続け、今ではお洒落なフレームが沢山存在します。形や素材によって相手に与える印象がかわってきますので、TPOに合わせて眼鏡を変えるなどということも、ファッション的に可能です。TPOに合わせて洋服を変えるのと同じ感覚です。

 

また最近では用途に合わせた眼鏡レンズも登場しています。その代表例としてJINSの「JINS PC」。パソコンやスマホ利用時間が増えてきた昨今、ディスプレイから発せられるブルーライトをカットしてくれるレンズです。ブルーライトは瞳の置くの網膜にまで届く可視光線の中でもっともエネルギーが強いとされる光で、それによって目の疲れを感じる人も増えてきています。

 

また、サングラスと眼鏡の機能を併せ持ったものなど、眼鏡の選択肢も沢山ありますので、眼鏡を楽しめる時代にもなってきました。

コンタクト、それともメガネ?

眼鏡かコンタクト

コンタクトとメガネのそれぞれの良いところがありますので、どちらかにするというのは難しい選択です。それでは、いっそ併用してみてはいかがでしょうか?

 

一番瞳に負担をかけないのはメガネですから、普段の生活はメガネにする。さらに、PC使用時や状況の合わせてメガネを何種類か用意する。

 

そして、デートや仕事のときなどの外出時にはTPOに合わせてコンタクトを併用するというのはいかがでしょうか。

 

実際にそのようにしている方も最近では増えてきているようです。



ホーム RSS購読 サイトマップ